母と子 旅とキャンプと日常と

母と子で旅とキャンプ!&日常から旅気分になる暮らし。

【母子キャンプ/テントの選び方】おすすめテント

f:id:ASOBO_yo:20211013013231p:plain

 

母子キャンプ テントの選び方

母子キャンプを始めて4年(子供2歳〜6歳、頻度は月1〜3回)、色々とテントを渡り歩いて来ましたが、最終的にたどり着いたオススメテントをご紹介します!

あれも便利、これもおしゃれ・・・迷いは多いけど、結局はコレだったな〜というものが明確にあります。

ご参考になれば・・・

 

①とにかく撤収が楽なやつを選ぶ

設営はまだ元気があるから頑張れるけど、帰りは「キャンプ楽しかったな〜」という余韻を残してパパッとサラッと帰りたい。

せっかく楽しかったのに撤収で疲れるのはもったいない。

また、設営や撤収には時間をかけず、子供と遊ぶ時間を増やしたい。

 

②シングルウォールorダブルウォール

  • シングル:露が直接テントの表裏に付くので、朝方テントの内側から触ると濡れていることがある。夏は涼しく過ごせる。
  • ダブル:露は外側のシートに付くので中のテントはほぼ濡れない。冬は暖かい。

氷点下になる場所でキャンプをするのでなければ、どちらでも良いと思います!

シングルウォールは、冬は寒いのでヒーターや電気毛布を使いましょう。

冬キャンプについてはこちらに書いています。

asobo-yo.hatenablog.com

 

③テントの形は?

  • ドームテント
  • ワンポールテント
  • ツールームテント
  • ワンタッチテント
  • ポップアップテント
  • 山岳用テント
  • アーテン

色々ありますが、母子キャンプでオススメしたいのはワンポールテントポップアップテントそして山岳用テントです。

設営・撤収の楽さ順位
  1. ポップアップテント
  2. 山岳用テント
  3. ワンポールテント
居住空間の快適さ順位
  1. ワンポールテント
  2. ポップアップテント
  3. 山岳用テント

 

それぞれに良さがあります。

◆ワンポールテント◆

メリット

  • 大きめならファミリーやママ友親子とでも使える。(小さめは、居住空間が他の2点と変わらなくなるので、設営の簡単さを考えると他の2点をオススメします。大きいのは大人数に対応できるメリット、広くて中で遊びすいメリットがあります。)
  • 高さがあるので開放感があり、過ごしやすい。
  • 雨や寒い日でもテント内で快適に過ごせる。

デメリット

  • 設営は簡単だけどペグを打つ本数が多い。※素材をコットンにすると重くて母子キャンプには向きません。

 

◆ポップアップテント◆

メリット

  • 設営・撤収が楽。
  • リーズナブル。
  • シングルウォールなので夏は涼しい。

デメリット

  • 収納時が意外と大きいので車が小さい場合はサイズを小さめにすることをオススメ。
  • 冬は寒い。(ヒーターや電気毛布で解消可能。)

 

◆山岳用テント◆

メリット

  • 設営・撤収が楽。
  • 収納時はコンパクト、軽量。
  • とにかく丈夫。
  • 電車キャンプや登山キャンプに発展させられる。

デメリット

  • お値段高め。

 

 

これからキャンプを始めたいけど続くかな~?という方→ポップアップテント
ファミキャンや友達キャンプもしたいな~という方→ワンポールテント
車の運転に自身がないし、電車キャンプもやりたいな~という方→山岳用テント

 

それでは具体的にオススメテントをご紹介します。

 

No.1 ケシュア ポップアップテント

ネーミングが「2 SECONDS FRESH&BLACK」。2分で設営可能、通気性抜群でフレッシュ&遮光性抜群でブラック、という意味。(実際には2分じゃ無理です。)

設営方法/慣れると10分以内】

  1. グラウンドシート(レジャーシート)を敷く。
  2. テントを袋から出し、バックルを外してバサっと開く。
  3. ガサッと形を整える。
  4. 5〜6箇所ペグ止め。(夏は5本、冬は6本。通気性調整のため変動可能。)

撤収方法/慣れると10分以内】

  1. ペグを抜く。
  2. テント奥のひもを入口まで引っ張ってくるとヘニョっと半分になるのでそこでバックルを止める。
  3. ニョロっと出てるひもを引っ張りながらさらに半分にし、別のバックルを止める。
  4. 収納袋に入れる。
  5. グラウンドシート(レジャーシート)を畳む。

【グラウンドシート】

100均の厚手のレジャーシートでもOK!(テントより若干小さいサイズに切り貼りする。)

 

最初は慣れないので設営・撤収に多少時間がかかります。

特に撤収の3がコツを掴むのに苦労するかも知れません。

とにかく思いっきりやる!こんなとこ曲がるか!?ってとこも思いっきりやる!

慣れると簡単です。

  • 前室(テント前方にある、荷物や靴を置いたりできるスペース)もあるので便利。
  • テント内は真っ暗なので朝方もスヤスヤ眠れる。
  • 風通しが良く、涼しくて快適。(4面に窓あり)
  • シングルウォール
  • リーズナブル!
  • サイズは2人用で良いと思います。
  • 3人用は収納したときに直径が大きく、嵩張ります。
  • 設営や撤収も小さいほうが楽だと思います。
  • でも前室は当然3人用の方が大きいので便利です。

楽天-(2人用)

Quechua(ケシュア) 2 SECONDS Fresh&Black 2人用 2030817-8357352


Amazon-(3人用限定カラー)

3人用に限定カラーが!欲しい!blackではないので遮光性はありません。

f:id:ASOBO_yo:20211007063903j:plain

設営が早いのでいっぱい遊べますよ~。

上半身裸で遊べますよ~。

 

 

 No.2 モンベル ステラリッジテント2

山岳用・2人用テントです。

設営方法/慣れると15分】

  1. グラウンドシートを敷く。
  2. ポールをシャキッと伸ばす。
  3. インナーテントを広げ、ポールをポチポチ止めていく。
  4. レインフライを被せ、ペグを6本打つ。

撤収方法/慣れると10分】

  1. ペグを抜く。
  2. レインフライを外し、収納袋に収納。
  3. ポールをインナーフライからカチカチ外し、ポキポキ折って収納。
  4. インナーフライを畳んで収納。
  5. グラウンドシートを畳んで収納。
  • 山岳用だから収納時はかなりコンパクトで丈夫。
  • カラーバリエーションが豊富でかわいい。
  • 前室とまではいかないけど荷物や靴を雨露から守る狭いスペースあり。
  • レインフライをつけてダブルウォール。
  • インナーテントだけシングルウォールとしても使える。
  • インナーテントだけで公園等でも使える。

【グラウンドシート】

モンベルのものを使用することをオススメします。

びっくりするほどコンパクトになり、軽量です。


Amazon

(本体)

モンベル(mont-bell) ステラリッジテント2本体 1122649

(レインフライ)

モンベル(mont-bell) ステラリッジテント2型レインフライ 1122654(本体1122649は別売)


(グラウンドシート)

モンベル(mont-bell) ステラリッジテント 2型用 グラウンドシート ブルーブラック 1122426

楽天は高かったので掲載していません。

f:id:ASOBO_yo:20211007063154j:plain

これは飛行機や船、レンタカーで種子島に行った時。

遠出をした先でもキャンプができるので、旅好きな方にもオススメ!

種子島の記事はこちら。

asobo-yo.hatenablog.com

 

 

No.3 ロゴス ナバホ Tepee
ワンポールテントです。

3~4人以上でのキャンプの予定がなければ3人用、予定があれば4人用で良いと思います。

六角形という特殊な形なので、グラウンドシートやインナーマット(テントの中に敷いて地面のゴツゴツ感を軽減させるシート)はセットで購入をオススメします。

【設営方法/慣れると25分】

  1. グラウンドシートを敷く。
  2. インナーテントを敷く。
  3. 6角形の角に、1,2合わせてペグを打つ。
  4. インナーテントの頂点及び出入口を合わせて外側のフライシートを敷く。
  5. ポールを持ってインナーシートに入り込み、天井にポールを刺して持ち上げ、ポール下をインナーテント真ん中にある穴にセットする。
  6. フライシートの6角形の角にペグを打つ。

【撤収方法/慣れると25分】

  1. ペグを12本抜く。
  2. インナーテントに入ってポールを取り出す。
  3. それぞれのシートを畳み収納。
  4. グラウンドシートを畳んで収納。
  • 柄がキャンプっぽい。
  • 素材がポリエステル系で軽いので女手一つで設営可能。
  • ポールが1本なので設営が簡単。
  • テントはとりあえず立ったらいい!という方なら、ペグをグラウンドシート・インナーテント・フライシート全て一緒に打っても良い。全部で6本で済む。
  • テント内で遊べるぐらい高さ・広さがある。

【グラウンドシート】
セットで購入してください!

楽天

(4人用/グラウンドシート・インナーマット付き)

ロゴス Tepee ナバホ400セット-BA 71809522 テントセット


Amazon

(4人用/グラウンドシート・インナーマット・タープ付き)

LOGOS ロゴス ナバホ Tepee 400 テント本体 & インナーマット & グランドシート & タープ 4点セット ナバホ柄 大型 ティピーテント フルセット

※このテントは400(4人用)が主流っぽいので400のみ掲載しています。

f:id:ASOBO_yo:20211007062941j:plain

 タープとセットにすると良い感じ。

このタープは軽くて女手一つでも設営できるのでオススメです。

 

母子キャンプに向かないテント

ドームテント、ツールームテント

1人だとかなり時間がかかるし、難しいです。

2名以上で協力して設営するテントです。

 

アーテン

空気を入れるだけで簡単に設営できるので母子キャンプ向きかと思いきや、めちゃくちゃ重いです。

10キロ超とか当たり前。

そして大きい。

まず無理です。

 

ワンタッチテントは試したことがないので分かりませんが、DODのワンタッチなどはよく見かけます。

今回ご紹介したテントと比較すると、強風や横なぶりの雨が降った時に心許ない気がしています。

気にはなる。うん。

 

いかがでしたでしょうか。

 

私は複数テントを試しましたが、最終的にこの3つのテントだけを残しました。

それぞれ用途が違うので、3パターン楽しめるようにと。

 

少しでもテント選びのイメージを持っていただけたなら幸いです。

エンジョイ母子キャンプ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!